仮想通貨&マイニングの日々

KOTARO'S cafe

NFT web3 仮想通貨

KuCoin AMA with Cardstack (カードスタック)が 開催されました!

投稿日:

こんにちは!コタローです。

Cardstack(カードスタック) では初めてだと思いますが、外部スペースでのAMA(Ask Me Anything)が日本時間で6月18日20:00頃~から、KuCoinのテレグラムで開催されました! コタローもリアルタイムでは参加できなかったのですが、備忘録も兼ねてアンサーの日本語訳を以下に抜粋しましたので興味のある方や見逃した方は是非見てみてください!※今回は取引所でのAMAで一般向けになっているようです。開発者向けの技術的な質問などはDiscord(ディスコード)のほうでも聞いてくれるようです。  ※質問者の個人名は削除しています。

[18.06.21 20:39]
クリスさん @chriscardstack
🔵 カードペイに関連する追加のメタデータを保存できるオフチェーンストレージのアプローチを開発したと読みました。このソフトウェアは、クラウドストレージやパーシステントストレージと同様の機能を持つ開発タイプでしょうか?

クリス・ツェー@カードスタックさん [18.06.21 20:43]

オフ・チェーン・ストレージは、完全なユーザー・エクスペリエンスの重要な部分です。すべてがオンチェーンに収まるわけではありません。メディアアセットやその他のデータはオフチェーンに保存され、ユーザーが理解し、対話するための複合的なUIを作成するために、オンチェーンに相関関係を持たせる必要があります。当社のオフチェーン・ストレージ・モデルでは、接続されたウォレットを使ってユーザーを認証し、オフチェーン・データ(画像やテキストなど)をユーザーにのみ表示します。すべてが統合されていて、WalletConnectのQRコードをスキャンして1つのメッセージに署名すれば、「サインイン」したことになります。これこそが、私が考えるWeb3のUXパターンなのです。

[18.06.21 20:39]
🔵今やDeFiは、私たちのお金、投資、クレジット、負債との関係を変えつつあります ? この場合、CARDはどのように役立ちますか?

クリス・ツェー@カードスタック、[18.06.21 20:47]。

DeFiは今、担保について大きいです。収入やキャッシュフローをオンチェーンで処理できるようになれば、新しいタイプの金融取引を始めることができます。これは請求書のファクタリングの一種で、第三者(DeFiユーザーやDAO)が前払いの一括払いと引き換えに加盟店の将来の収益を購入することができます。これはローンに似ていますが、DeFiのような過大集権モデルに基づくものではないので、構造が全く異なります。私たちのプロトコルに収益が流れれば、貿易金融の分野から多くの新しい可能性を引き出すことができると考えています。キャッシュフローがあれば、DeFiの可能性をさらに広げることができます。

[18.06.21 20:39]
🔵DeFiの人気が衰えるにつれ、市場はNFTに対して非常に強気になっています。NFT市場のプレーヤーとしてのご意見をお聞かせいただけますか?

クリス・ツェー@カードスタック, [18.06.21 20:51].

私はMonegraphというBitcoinブロックチェーン上の最初のNFTプラットフォームの1つを構築しました。Monegraphは、OpenSeaやその他の現在のNFTマーケットプレイスよりも前のものです。デジタルアートの取引を皮切りに、NFTのコンセプトがメインストリームに採用されることにとても期待しています。しかし、NFTの最大の成長は、コミュニティのNFTコレクションの所有者であれば、特別なコンテンツや機能にアクセスできるなど、実用性のあるNFTから生まれると考えています。例えば、コミュニティのNFTコレクションを持っていれば、特別なコンテンツや機能にアクセスすることができます。私たちは、割引やアクセスレベルを「提供」するためのフレームワークに取り組んでいます。これらのNFTは、ゲーム内のバッジや会員カード、クーポン券のようなものです。これらはすべてERC721に準拠しているので、一部は取引が可能ですが、レベルアップしてアリーナの「魔法使い」になるためには、適切なものをいくつか集める必要があります。これは来るべきもので、共通のユーザーフレンドリーな環境の上にこれらのNFTの可能性を探るのが待ち遠しいですね。

スティーブ, [18.06.21 20:54]
NFTについて、クリスのビデオも紹介しておきますね😊。

あなたのNFTには何がありますか?- Cardstack戦略トーク
https://youtu.be/M-S_5AVTnSo

、[18.06.21 20:39] です。
🔵Cardstackの技術の中で、競合他社にはほとんどできない、最も誇りに思っている部分はどこですか?

クリス・ツェー@カードスタックさん [18.06.21 20:56]

Web3プロジェクトの多くはアプリです。つまり、1つのユースケースにフォーカスして、そのための素晴らしいUIを作っています。私が誇りに思っているのは、Cardstackが真の意味での汎用プラットフォームであるということです。私たちはEthereumからインスピレーションを受けています。Ethereumは、ブロックチェーンやスマートコントラクトを汎用化した最初のプラットフォームのようなもので、当時のETHの競合はBitcoinのアプリケーション固有のフォークでした。プラットフォームの力は、開発者が独自のソースを加えることで機能を拡張し、プラットフォームのユースケースを拡大できることです。Cardstackは、カードSDK(JavaScriptベース)によるUI層、プロトコル層(Solidityベース)、さらにはデータ分析層(Pythonベース)でも拡張可能です。これらの拡張ポイントがSDKとしてパッケージ化されれば、CardstackはWeb3のWordpressのようなもので、既存のプラットフォームにゼロから構築するのではなく、簡単に構築できるようになります。私たちのチームは、第1世代の「アプリ」のほとんどを自分たちで構築しますが、これまでの研究開発により、今年後半には開発者を迎え入れる準備ができています。

[18.06.21 20:39] です。
🔵あなたのプロジェクトはステーキングプログラムをサポートしていますか?もしそうであれば、ステークシステムはどのように機能しているのでしょうか、ユーザーがプラットフォームでステークしたい場合の要件は何でしょうか?

Chris Tse @ Cardstack, [18.06.21 21:01].

Cardstack Token (ERC20: CARD)は、ネットワーク全体のコミュニティトークンです。トークン保有者には、顧客とマーチャントの間の経済活動が行われるレイヤー2のネットワークに自分のトークンを橋渡しすることを奨励したいと考えています。自分のトークンをメインネットのリザーブプールに預けると、レイヤー2のトークンが生成され、トークン保有者は自動的に様々な報酬プログラムに参加できるようになり、レイヤー2側で計量・分配されます。これは、CARDトークンや米ドル建ての安定したコインをレイヤー2に橋渡しするトークン供給者に報酬を与えるもので、Card Payの経済帯域幅として利用される予定です。詳細は後ほど。長期的には、プロトコルフィーのアイデアを信じています。これは、顧客と加盟店の間の決済量のごく一部(0.5%未満)を加盟店の収益から差し引き、トークン供給者に報いるために分配したり、あるいは燃やしたりするものです。これらは、長期的なステーキングのためのトークンの供給源となります。私たちのプロトコル研究チームは、さまざまな当事者のインセンティブのバランスをとるために、初期の最適な比率を決定するために多くのシミュレーションを行っていますが、最終的にはCARDコミュニティにガバナンス項目として委ねることになるでしょう。

、[18.06.21 20:39] 。
🔵CardstackのTシャツはとてもいい感じですね。お店を出すことは考えていないのでしょうか? store.braveのように。

クリス・ツェー@カードスタックさん [18.06.21 21:03]

Unisockを引っさげて「CardShirt」ストアを開くべきだということですか?これは素晴らしいアイデアだと思います。また、エンド・ツー・エンドのカード・ペイとカード・コマースのワークフローを実世界でテストするのにも最適な方法だと思います。ぜひ、やってみましょう。

[18.06.21 20:39]
🔵チームとその背景についてもう少し詳しく教えてください。これまで、多くの取り組みが初心者のチームメンバーで開始されてきましたが、その中には簡単に回避できる失敗のために失敗したものもありました。

Chris Tse @ Cardstack, [18.06.21 21:12].

私たちは、オープンソースでの構築方法を知っているエンジニアを集めることに注力しています。例えば、当社のリードデベロッパーであるEd Faulknerは、EmberJSという人気のあるJavaScriptフレームワークのCoreチームのメンバーです。私たちは、オープンソースコミュニティから多くのことを学びました(暗号以外でも)。最も重要なのは、一貫性、応答性、そして優れたコミュニティ規範と文化です。開発者がお互いに学び合えば、単独で作業するよりも強力なツールを構築することができます。私たちは最近、同じくオープンソースツールの大手企業であるHashicorp社で働いていた別の開発者を採用しました。これらのエンジニアは、APIやSDKの作り方を知っているので、我々が提供する製品の幅を広げるために必要な、より多くの "初心者 "開発者をレベルアップすることができます。

[18.06.21 20:39].
🔵なぜクリエイターはMediumやTiktokなどの大きなプラットフォームに参加するのではなく、cardstackのエコシステムに参加して自分のコンテンツを構築したりホストしたりするのでしょうか。また、自分のカードスペースでサービスや製品として提供しているものを宣伝しようと思ったとき、マーケティングはどのように機能するのでしょうか。

Chris Tse @ Cardstack, [18.06.21 21:19].

TikTokやYouTubeのような中央集権的なプラットフォームで、すでにフォロワーを増やしているクリエイターは、自分たちがしていることのお得感を知っています。大規模なプラットフォームはオーディエンスへのアクセスを提供してくれますが、その代わりに彼らのプラットフォーム内での経済的な運命をコントロールしています。彼らは、いつでも
彼らはいつでもあなたのプラットフォームを解除することができ、あなたが稼いでいたものは「パッ」と消えてしまうかもしれません。つまり、Cardstack ecosystemmを使ってコンテンツをホストしていて、新しい購読者やNFTの購入者、コミュニティメンバーを獲得した場合、それらの記録はブロックチェーンに保存され、Web3のウォレットが所有することになります。ETHやDAIを所有するのと同じように、あなたはその関係を所有しているのです。仮にCard SpaceのホスティングネットワークでホストされていたURLを失ったとしても、別のホストでデータを「再起動」し、あなたのウォレットを種にしてサイト/アプリ/コミュニティを再構築することができます。すべてのデータはサムドライブにコピーできるシンプルなファイルとして保存されているので、コンテンツ自体、つまりオフチェーンのストレージもコンピュータにバックアップすることができます。これは、Card Spaceが1つの島になるということではありません。私たちはデータサイエンティストと協力して、これらのチェーン上の関係や取引履歴を入力として使用し、YouTubeのアルゴリズムに匹敵する強力なレコメンデーションやフィードを作成するコンテンツレコメンデーションに取り組んでいます。単にハッシュ化するのではなく、暗号の世界で使われているGPUを活用して、数字を計算したり、クリエイターが求める配信や発見につながるつながりを提案したりしています。これは2022年のロードマップでは「Card Tally」と呼ばれています。ご期待ください。

スティーブ 【18.06.21 21:20
AMAのゲストはここまでです。クリスさんに拍手を送りましょう👏👏👏👏。

スティーブ [18.06.21 21:20]さん
今日は私たちと一緒に、このイベントを彩ってくれてありがとう。

クリス・ツェー@カードスタックさん、[18.06.21 21:20] です。
こちらこそ、よろしくお願いします。

スティーブ, [18.06.21 21:20] 。
他に何かお伝えしたいことや、クリスさんに知っておいてほしいことはありますか?

クリス・ツェー @ Cardstack, [18.06.21 21:21] です。
この会話の続きは、Cardstackのコミュニティチャンネル(https://t.me/cardstack)で行いたいと思います。皆さん、よろしくお願いします。

スティーブ, [18.06.21 21:21].
( 👍 ステッカー )

スティーブ, [18.06.21 21:21]
KuCoinチームとコミュニティを代表して、改めてありがとうございます!あなたとあなたのチームとあなたのプロジェクトの成功を祈っています

Chris Tse @ Cardstack, [18.06.21 21:21].
ありがとうございました。

スティーブ、[18.06.21 21:22]さん
KuCoinコミュニティの皆さん、もしあなたがCardstackプロジェクト(CARD)についてもっと知りたいのであれば、以下の重要なリンクをご参照ください。

公式ウェブサイト: https://cardstack.com
Cardstack & Card Pay Protocol Overview: https://cardstack.com/cardpaypaper
ツイッター: https://twitter.com/cardstack

Telegramでクリスに参加する: https://t.me/cardstack

スティーブ、[18.06.21 21:22]では
🚀$CARDはKuCoin Spot市場でCARD/USDTの取引ペアで利用できます。
➡️https://trade.kucoin.com/CARD-USDT

スティーブさん、[18.06.21 21:22]さん
以上でCardstackプロジェクト(CARD)を使ったKuCoin AMAは終了です。

スティーブさん、[18.06.21 21:22]です。
ご参加いただいた皆様、最後までお付き合いいただいた皆様に感謝いたします。

次のAMAまで、皆さん良い週末をお過ごしください。

-NFT, web3, 仮想通貨

Copyright© KOTARO'S cafe , 2021 AllRights Reserved.