仮想通貨&マイニングの日々

KOTARO'S cafe

ICO

LakeBanker(レイクバンカー) ICO 日本語の情報が少ないので少しだけ調べてみましたが...

更新日:

こんにちは!コタローです。

今日は、LakeBanker(レイクバンカー) ICO、日本語の情報などがほとんどないようなので少し調べてみました。

 

まず、www.coinspeaker.comからの情報引用

LakeBankerは、合計5億BACを発行する予定で、トークンセールで提供された2億5,000万ドル、ユーザー成長基金に1億2500万ドル、チームには1億2500万ドルを配当しています。

LakeBankerチームは、世界中で無料のバンキングを提供することを目標としています。銀行サービスは一般的にアクセス可能ですが、世界のアンダーバンク/ノンバンキングの人数は50億人です。Blockchainは、誰にとっても無料のバンキングサービスを提供し、cryptocurrenciesへのアクセスを含む、より高度な金融サービスを大幅に低コストで提供するのに最も適したソリューションです。

LakeBankerプロジェクトは、非効率的な銀行業務の問題を解決するためのピアツーピア市場の確立を目指しています。すべての関心のある人々は、モバイルアプリを介して支払いを送ったり、お金を交換したり、最新のブロックチェイン技術に貢献することができます。

「従業員数はほとんどありませんが、何百万人もの社員が働き、お互いに働きます。ハイストリートブランチ、ATMマシン、協力オフィス、または何千人もの給与従業員がいなくても、LakeBankerシステムは伝統的な銀行業務をはるかに超えるレベルの効率を達成します」と、LakeBankerチームは言います。これに対応して、銀行サービスのコストは大幅に低下します。お金は、ある個人から他の通貨へ、そしてある国から別の国へ、ほとんど摩擦なく流れることができます。

LakeBankerは、オンラインコース、書類、ビデオ、試験などのトレーニング教材を改善し、2017年の第4四半期に30の新しい通貨/トークンと通貨ペアを追加し、近い将来計画されているさらに野心的な取り組みを計画しています。

 

LakeBTCは2013年に開始され、既に162カ国から1000万人のユーザーを獲得しています。同社は、暗号侵害のベテランで連続した起業家であるThomas Xieによって管理されています。現在42の通貨と52の支払い方法がサポートされています。同社は、恐らく盗まれたコイン、セキュリティスキャンダル、フラッシュクラッシュのない唯一の主要なプラットフォームだと誇らしげに言う。

LakeBTCは、業界で堅牢で信頼性が高く、信頼できるプレーヤーとして評判を得ています。将来、LakeBTCはBitcoin、Ethereum、altcoins、ICOトークンを含むすべてのデジタル資産の専門家となるでしょう。機関投資家や専門トレーダーにとって、高性能で高可用性の会場を提供する基盤となる取引技術に焦点を当てる予定です。

2013年から稼働というLakeBTCのサイトを覗いてみましたが、確かに法定通貨の種類は多いですが、日本の国旗をクリックしても中途半端にしか日本語ページに変換されないし、とても162カ国から1000万人ユーザーを獲得しているサイトとは思えないですね。

開発チームは4人で(内3人中国人?)アドバイザーが7人、フィンテックの銀行立ち上げるにしては開発チームの人数少な過ぎないですかね?

一応slackも開設しているようですが、登録がたったの51人、、母体のサイトでは1000万人ユーザー獲得しているのに?

やりとりも少ないですが一応読んでみると、「このICOは詐欺ではないか?」とも、書かれていますね。

まあ、わかりませんが、www.coinspeaker.comの記事は、LakeBankerから提供されたものをそのまま掲載しているだけなのかもしれませんね。

以上ざっと調べてみた限りではかなり危険なICOのようです。ここへの投資はやめたほうがよさそうです。

 

追記※LakeBTCのフェイスブックでは詐欺警告の書き込みが多数ありました^^;

※投資は自己責任です、他人の情報などを安易に信用せず、必ず一次情報をご確認の上ご自身で考えて行ってください。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-ICO

Copyright© KOTARO'S cafe , 2018 AllRights Reserved.